突然QuickTime が「操作を完了できませんでした」と表示!収録不可エラーを解決する方法

QuickTime Playerで操作できないアラート

こんにちは。
YOSHIAKIです。

Macに標準インストールされているQuickTime Playerを使って、スマホ画面をモニターに表示していたら、突然「捜査を完了できませんんでした」というアラートが表示

操作を完了できませんでした

それからLightningとiPhoneを何度繋げ直しても、Quick Time Playerのアプリを立ち上げても、同じアラートが表示しまくって、まったくダメ。

普通に使ってただけななのに、突然収録できない状態になってしまい、完全にお手上げ状態ではないでしょうか。

実はこれiPhone側の問題なんです。

Quick Time Playerのエラーの原因はiPhone?

TOM
どうしたらいいの?

結論から申し上げますと、原因はiPhoneにあります

iOSのアップデート通知が入った状態で、iPhoneを接続してQuick Time Playerで新規ムービー収録を行うと、エラーが起こるみたいです。

ソフトウェアアップデート

QucikTime Playerでは、他の操作が普通にできるので、iPhone側のプログラムが影響している可能性がかなり高いです。

もしアラートが表示して、画面収録ができなくなった際には、ソフトウェアアップデートが最新になっているか確認してみてください。

Macの再起動

TOM
アプデをやってみたけどダメだった

完全な解決策にはならないですが、Macの再起動QuickTime Playerで録画できるようになります

この方法はMacとiphoneとの接続を、完全に外すことはできますが、根本的な解説作ではないため、一時的なものと思っておいた方がいいです。

まとめ:アップデート+再起動でなおった

POINT
  • iPhoneのアップデート更新があると発生するらしい
  • iPhone最新を最新バージョンにアップデートする
  • Mac側も再起動することで改善する

解決策の2種類を試したところ、QuickTimeが突然エラーになる現象はなくなりました。

その後も、iPhoneとライトニングケーブル取り外したりもしてみましたが、いまのところ同様の現象は発生していません。

どうやらアップデート通知があるとエラーはでるようです。同じ現象で困っている方がいたら、ぜひ一度試してみてください。

YOSHI
他の方法で解決できたなどの情報があれば、ぜひコメント欄に書き込みお願いします。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です