全国共通鑑賞券で差額利用の罠!IMAX・3D・4DX・舞台挨拶の追加料金に気を付けたがいいよ!

こんにちは。
YOSHIAKIです。

みなさん、映画を見に行く時にチケットってどうしてますか?

僕はエポスカードの特典を使って、全国共通鑑賞券を1枚1300円で購入してます。通常料金が大人1800円なので、500円も節約できてお得です。

しかし全国共通鑑賞券を使う際に、まさかの問題点が発覚!
それは何かというと

注意点
  1. ネットで席を予約できない
  2. 差額利用時、1300円の金券になってしまう

です。

この2点の問題について解説していきます。

ネットで席を予約できない

座席表
引用:ユナイテッド・シネマ座席表

ムビチケとは違い、全国共通鑑賞券はネットで座席指定ができないチケットのようです。

全国共通鑑賞券で座席指定するには、近くの映画館の受付カウンターに行って、座席をしているするやり方のみだそうです。

映画館によっては公開日の3日前(映画館よって異なる)から、座席指定ができるみたい。

座席はネットで埋まり具合を確認できるので、ちょっと埋まりそうな作品とかであれば、映画館に足を運んで、数日前に予約しておくといいかもしれません。

他のチケットであれば、映画館のHPから予約とかできるのに、いまだに前時代的な仕組みにビックリですね。

差額利用時、金券になってしまう

3D上映料金
引用:ユナイテッド・シネマ入場料金

この差額で鑑賞できるってのが問題。

全国共通鑑賞券を購入したあと、舞台挨拶付きのチケットが欲しくなり、その差額を払えばいいか!と思ってたのですが、どうやら違うみたい。

舞台挨拶付きチケット2100円の金額は変わらない。

持っているチケット(全国共通鑑賞券)の購入金額は1300円。その差が800円を支払わないといけないようです。

つまりチケットはあくまでも1300円分の金券として取り扱われるということ。

それは3D、4DXとも一緒。

せっかく安く購入できたチケットなのに、金券としか使えないのは残念です。

 

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です