ウーバーイーツ で手袋(グローブ)をつけるべき5つのメリット!選ぶポイントも

ウーバーイーツ 手袋
TOM
ウーバーイーツ で配達する際に手袋(グローブ)は着けたほうがいいの?
YOSHI
もちろん!
手袋(グローブ)をつけることで手汗対策になるだけでなく、ケガ防止にもなるからね!

冬は寒いから手袋をつけてもいいけど、夏はちょっと…って思ってますよね。

でも僕はウーバーイーツ をするなら、絶対に手袋(グローブ)をつけることをお勧めしてます。

そこで今回の記事では

TOM
  • 手袋をつけるメリットって何?
  • どんな手袋を買えばいいの?
  • 選ぶポイントとかある?

といった疑問に詳しく解説していきます。

手袋(グローブ)を着けるメリット

自転車用の手袋(グローブ)をつけるメリットは、

  1. 手の痛みを防止する
  2. 滑り止めになる
  3. 手汗対策になる
  4. 寒さ対策になる
  5. 日焼け対策になる
  6. ケガ防止になる

手の痛みを防止する

手袋(グローブ)を着けることで、路面から伝わる衝撃を吸収する効果があります

道路や歩道には凸凹な段差があり、その衝撃が手に伝わることで掌や手首などに痛みを走らせます。

週末や平日に数時間程度ならいいかもしれませんが、直で何度も段差の衝撃を受けていると、手が痛くなる原因になります。

ウーバーイーツ をやるなら、衝撃を吸収しやすい手袋(グローブ)をつけるべきです。

滑り止めになる

自転車

夏や雨に日は、手とハンドルの間に水滴が溜まりやすく、とても危険です。

ブレーキを握った瞬間、もし手が滑ってしまうと交通事故の原因になりかねません。

僕の体験した話しをすると、下り坂でスピードを出して、前を走っていたバスのブレーキランプが点灯したので、自転車のブレーキを握ろうとした瞬間、手がズルッと滑り、ブレーキのタイミングが遅れたことがあります。

運よくギリギリで止まることができましたが、あと1秒でも遅れてたら、バスに追突してたと思います。

YOSHI
汗をかきやすい人や、雨に日に配達する人は特に注意しよう。

手汗対策になる

暑い夏はメッシュタイプの手袋(グローブ)がオススメ

滑り止めになるからと手袋をつけたのはいいけど、指先まである手袋(グローブ)だと中まで汗だくで、ベトベトになりやすいですよね。

指先が欠けているメッシュタイプだと、汗を効率よく気化させやすいですよ。

YOSHI

ハーフフィンガータイプの手袋は、こんなメリットがあるよ

  • 涼しい
  • 汗を吸い取って、気化してくれる
  • 操作性が上がる

寒さ対策になる

雪

寒さ対策として手袋(グローブ)は必須ですね。

気温が低い冬は手が硬直しやすいので、じっとしているだけでも寒いのに、自転車で移動してると指先がすぐにカチコチになります。

手袋をつけないで自転車に乗ると、10~20分くらいで寒さに耐えれなくなるので、防寒用として裏地があったかい素材になってる手袋(グローブ)を購入しましょう。

日焼け対策になる

太陽が出ている日中にウーバーイーツ で配達していると手が焼けます。

男性はあまり気にしないかもしれませんが、めっちゃ焼けます。Tシャツのと腕との間がツートンカラーになるくらい、真っ黒になりますよ。

とくに女性の配達パートナーだと腕や手が日焼けしてしまいますので、手袋(グローブ)をつけたほうがいいでしょう。

最近はUVカット素材の手袋もあるので、もし気になる方は、今のうちに購入しておくといいと思います。

ケガ防止できる

ケガ

自転車の転倒時に手袋をしていると、ケガの防止になります

車とは違い自転車は防御するものがなく、生身の状態でスピードを出して走ります。そのためもし転倒をしたら、打撲や擦り傷になりやすいです。

車との接触事故は一瞬なので、とっさに手で体を防御することが多く、転倒の怪我で一番多いのは掌や指、関節部分がケガしやすい。

手袋(グローブ)があるのとないのでは、全然違いますよ。

ウーバーイーツ配達中にタクシーと接触事故!その後の対応と教訓も

【実例】ウーバーイーツ配達中にタクシーと接触事故!その後の対応と教訓も

どんなグローブを選ぶべき

パット付き

砂利や段差で負担のかかる手のひらには、耐震の衝撃吸収パッドが入っているタイプがいいです。

パットが入っているクッション性の高いタイプの手袋(グローブ)を選ぶことで、衝撃吸収の役割も担ってくれて、腕から身体までの疲労の軽減に繋がります。

実際にウーバーイーツ の配達の際に、腕や手にくる衝撃をどうにかしたい方は、比較的パットが入っているといいかも。

デザイン

自分の好みにあったデザインを選びましょう。

機能面を重視すると、見た目の部分がちょっと悪く、ゴツゴツ感が出たりします。

カラーや模様などいろいろな種類のものがあるので、自分らしさをアピールしたり、服装や自転車の色と合わせて、コーディネートすると良いですね。

ファッション性が高いものもたくさんあるので、自分好みのものを見つけてみてください。

素材・機能性

夏場などの汗をかきやすい状態で、厚みのあるグローブは流石に無理!って方は、機能性に優れたタイプがいいと思います。

夏場やUVカットや、速乾性・汗拭き機能があると便利です。親指部分がタオル生地になってる物だと、額の汗をササっと拭ったりもできます。

雨の日は撥水加工されていると、自転車のグリップが滑りにくく設計されているので、雨でも安心ですね。

まとめ

POINT
  1. 手袋(グローブ)をつけるメリットがある
  2. 何を重視するかで選ぶと良い
  3. 春夏用・秋冬用の2シーズンは準備する

 

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です