【確定申告】Uber Eats(ウーバーイーツ)でいくら稼いだら申告が必要?

【確定申告】Uber Eats(ウーバーイーツ)でいくら稼いだら申告が必要?

「Uber Eatsって確定申告が必要?」って思いましたか?

副業としてÜber Eatsを初めてみたものの、これまでに稼いだ金額を確定申告するべきか、迷っているのではないでしょうか。

そこで今回の記事では

  • どれだけ稼いだら申告するのか
  • 専業と副業で金額は違うのか
  • 何が経費として認められるのか
  • 確定申告しなかったらどうなる

と言った内容を、わかりやすく解説していきます。

Uber Eatsでどれだけ稼いだら確定申告するのか

確定申告をする男性

ウーバーイーツ で稼いだ金額を申告するかどうかは、じつは簡単。
2つのことがわかれば判断できます。

専業か副業かで、申告する基準が変わってくる

専業or副業

何が違うかというと、申告する所得の最低基準が違います。

具体的な金額は

所得の集計期間は、どちらも同じ1/1~12/31までです。
この期間に稼いだ金額が、申告基準を超えるようなら、確定申告をしないといけません。

Uber Eatsを「専業」でしている場合

専業でウーバーイーツ を行っており、年間の所得が38万円を超えた場合には、個人事業主として確定申告をする必要があります

その際は「青色申告」と「白色申告」の2つがありますが、いまはどちらも帳簿の提出が必須なので、作業量も大して変わらないのなら、65万円の特別控除のある「青色申告」がいいです。

POINT
  • 個人事業主として確定申告をする
  • 「白色」と「青色」がある
  • 「青色」なら特別控除が、10万円 or 65万円

Uber Eatsを「副業」でしている場合

普段はサラリーマンとして働いている人が、副業としてウーバーイーツ をしている場合、収入は雑所得扱いになります。

雑所得は、年間20万円を超えていると確定申告が必要です。
ただし収入の全てを雑所得とするのではなく、収入から必要経費を差し引くことが可能です。

例えば、

ウーバーイーツ で年間30万円を稼いだ。
ただ自転車や備品などの購入が必要だったため、15万円を支出していた。

そうすると「収入30万円ー経費15万円」になるので、雑所得は15万円に減少しているので、確定申告は不要となります。

POINT
  • サラリーマンの副業は、雑所得扱い
  • 雑所得=報酬ー必要経費
  • 雑所得の金額が20万円以上なら、確定申告が必要

Uber Eatsで「経費」として認められるものは?

必要経費とは、収入を得るために直接要する費用です。

もっと簡単に言うと、売上を立てるために使った経費のこと。

ウーバーイーツで考えられる経費だと、配達に使うバイクや自転車がそれにあたります。その他にもガソリン代、ヘルメットなども経費の対象です。

ただウーバーイーツをするために購入したバイクや自転車ですが、事業でしか使わないとは言い難いですよね。もしかしたらプライベートでも使用するかもしれません。

兼用する場合には按分を決めてあげましょう
大体の相場では事業6、プライベート4くらいです。

YOSHI
ちゃんと説明できれば問題無いですが、事業に偏りすぎるてると、税務署に突っ込まれやすいです。

バイク・自転車

ウーバーイーツ で配達をする際に使用するのが、バイクと自転車ですよね。
そして一番高額な経費でもあります。

10万円未満で購入したなら、「消耗品費」として一括で計上ができます。

10万円~30万円未満で購入したなら、購入年一括もできますし、償却年数に応じた減価償却ができます。

10万円〜30万円の購入年一括計上は、青色申告者のみが対象です。またこの特例の対象は、2022(令和4)年3月31日までの間に取得したものに限られます。

勘定科目
  • 車両費

ガソリン代・修理費用

バイクを走らせるためのガソリン代、自転車のパンク、また維持するために要した修理費用も経費の対象となります。

勘定科目
  • 車両費または消耗品費

車両保険・損害保険

事故した際に備えて加入した損害保険も、経費に計上ができます。

勘定科目
  • 自賠責:車両費
  • 損害保険:損害保険料

ヘルメット・スマホホルダーなどの備品

自転車に取り付けたスマホホルダーも備品として計上可能です。

バイクや自転車に乗ってスマホを触ると、道路交通法違反になりますので、スマホホルダーは必須ですね。その他にもライト・ドリンクホルダー・盗難対策のU字ロックとかも、経費にできますよ。

勘定科目
  • 消耗品費

Uber Eatsの確定申告をしないとどうなる?

STOP

はっきり言ってバレます!

税務署は3年泳がして、ペナルティをかけると言われてます。
理由は無申告課税に加え、遅延税を取りたいからです。

小さな会社ならまだしも、ウーバーのような大企業になると、税務署に納税リストを要求されているはず。照らし合わせて悪質だと判断されかねません。

痛い目を見るので、絶対にやめましょう。

まとめ

  • 専業は38万円、副業は20万円以上で申告をする
  • 必要経費は計上できる
  • 確定申告をしないとペナルティがある

去年から副業を始めた方は、会社だのみで確定申告をしていた思うので、やり方が全然わからないと思います。

「自分くらいは大丈夫でしょ」
「少額だからわからないよ」

と、ついラクなほうに考えてしまいますが、確定申告はしっかりしておきましょう。

いまはマネーフォワードやFreeeなどの、確定申告が簡単にできるクラウドサービスもあります。ネット上に使い方が掲載されているので、初心者でも抵抗なく始められますよ。

このブログでも、Uber Eatsに特化した確定申告で使用する仕訳などを、記事にしていく予定なので、是非みてもらえたらと思います。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です