NotionでYouTubeのネタ・進捗管理をやり始めたら、めっちゃ便利だと気づいた!

teble view

Notion(ノーション)って知ってますか?

僕は最近知ったんですが、Evernoteとかタスクツールとかをひとまとめにした万能ノートが「Notion」みたいです。

2年くらい前からNotionって話題になってたんですね。

どうやら情報をピックアップするのかなり遅かったみたいです。

複数のアプリを使って作業するのが面倒

YouTubeのシナリオを考える際、EvernoteやiPhoneの純正メモなどを使用してきました。

何個もアプリを使ってると情報がバラバラに保存されているので、行ったり来たりするのが、正直めんどう。それにどこに何が保存されているのかわからなくなりやすいのが難点です。

ネタ用の素材などはエバーノートに保存し、フッと思いついた時はiPhone純正のメモに残す。

それらをいつ動画として出すか、撮影・編集作業など管理するためタスクツールのasana(アサナ)使って管理するって流れです。

複数のアプリにまたがってれば、どこに情報があるか分からなくなります。しかもアプリを行ったり来たりする手間がかかる。(しっかり管理できてればそんなこともないんでしょうけど…)

そこで何かいい方法はないかと考えました。

同じような境遇の人のやり方を参考にしてはどうか?

YouTuberやブロガーなら参考になるんじゃないか。

畑違いだと参考にならないことが多いけど、同じ境遇というかYouTubeをやっている人なら同じ作業をしているわけなので、同じようなところでつまづいてるはず。

彼らが使っているアプリや管理方法などを学ぶのが、1番の近道なんじゃないかと。

あれこれ調べているとドレスコードの平岡さんが、NotionについてYouTubeで紹介しているのを発見。

TTP(徹底的にパクる)する

ってことで平岡さんが動画で説明していた方法を、徹底的にパクることにしました。

動画を見ながら作成したのがこちら

notionでネタを管理

アイデアスペースと進行中、そして投稿後の3つに分類されてます。

Notionでは1つのタスクを開くとのノートのように使うことができるので、そこのスペースに素材を書いておくことが可能です。

実際につかった素材集めノート

このようにまずは素材集めから始めて、ある程度集まったら素材を見ながらシナリオを考えたりすると紹介されてました。

例えばレビュー系の動画をしようと思ったら、注文前に感じたこととか、選んだ基準、箱を開けた時の高揚感だったり、その時々に感じたことを忘れないように書き留めて置けるんです。

やってみるとめちゃめちゃ便利。

Teble viewを使えば投稿したネタを管理できる

teble view

Notionはいくつか表示方法を変えることができます。

例えばTeble viewにすると、僕がこれまでYouTubeに投稿した情報を一覧で見ることができます。

平岡さんはこのTeble viewで再生回数とか、いつ投稿したのかが一目でわかるように管理されてました。これもまったく同じように作成。

徹底的にパクります。

他の方法もどんどん試してみたいけど

とりあえず平岡さん(ドレスコード)がやっている方法を真似しましたが、使っていて他にもいろんな使い方ができるなーと思った。

例えばレビューした商品のアフィリリンクを管理したり、見た映画の情報だったり、wikiのように情報を一つにまとめたりと、Notionを活用すれば色んなことができそう。

YouTube用のページを作成したけど、ブログ記事のネタ用のページを作成するのもありだなと思う。

あれこれ手を出してみたいけど、まずは平岡さんから学んだやり方を、自分のモノにできるように繰り返してみる。

そこから始めようと思います。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です