集中して作業をしたいなら、スマホ通知OFFにするだけで劇的に改善する

iphone通知一括オフ
TOM
スマホの通知が頻繁にきて集中できないよ〜!
YOSHI
それなら一括で通知をオフにしたらどうかな!

リモートワークになってから、仕事中に集中力が途切れることがよくあります。その原因の一つが、スマホの通知ではないでしょうか。

画面上のプレビューに「号外!」とか表示されたら、めっちゃ気になりますよね。仕事そっちのけでスマホを手に取り、記事を読んでしまう自分がいます。

今回の記事では

TOM
  • 通知が表示されて集中できない
  • 機内モードだと連絡に気づかない
  • PCをテザリングして使ってるから、ネットはつなげておきたい

といった問題を解消する方法を、画像付きで解説していきます。

「おやすみモード」を使うと通知を一括オフにできる

TOM
iPhoneの標準機能「おやすみモード」で、通知や着信を一時的にオフにすることが可能だよ。

「おやすみモード」と言うだけあって、就寝中の眠りを妨げらる連絡や、LINEやメール・ニュースなどの通知音を止める機能ですが、他にも使い道がありそうではないですか?

そうなんです。
仕事に集中したい方って方には、めっちゃ最高な機能!

僕はいままで使ったことすらなかったですが、ブログの執筆中に通知をオフにしたところ、めちゃくちゃ作業が捗とることが分りました!

それからは集中したい時には「おやすみモード」を活用してます。

「おやすみモード」にする方法

TOM
「おやすみモード」への設定変更はとても簡単!

「おやすみモード」にするには、2つの方法があります。

  • 「設定>おやすみモード」で変更
  • コントロールセンターからの変更

実際の画像で説明すると

設定>おやすみモード
引用:Apple ヘルプ
コントロールセンターから変更
引用:Apple ヘルプ

たったこれだけです。
時間にして約10秒くらいあれば余裕で変更できますよね。

「おやすみモード」の解除忘れ防止に時間を指定する

TOM
「おやすみモード」にしたことを忘れそうなら、時間指定しよう。

仕事がひと段落したのはいいですが、集中し過ぎて「おやすみモード」にしたことすら忘れてしまうケースがあります。

そうなると誰からも連絡が来てないと勘違いをして、友人や恋人からの連絡が、実はめっちゃ来てたってことにならないよう、集中したい時間だけ指定することをお勧めします。

時間を指定する
引用:Apple ヘルプ

時間の指定方法は、「設定>おやすみモード」をタップしたら、「時間指定」のトグルボタンをONにしてあげます。

すると開始と終了の時刻が現れるので、時間を設定してください。

その他にも「おやすみモード」にはカスタマイズができるので、自分の好みにあった設定を色々と試してみてはどうでしょう。

カスタマイズできる項目
  • ベッドタイム:ベッドタイムを有効にすると、ロック画面が暗くなり、着信音が消音にされ、おやすみモードが終了するまで通知は通知センターの「ベッドタイムの間」に表示されます。
  • 通知:着信や通知を「常に知らせない」のか、デバイスの「ロック中は知らせない」のかを選択できます。
  • 着信を許可:ここで指定した相手から電話がかかってきたときは着信音が鳴ります。「全員」「誰も許可しない」「よく使う項目」のいずれかを選択するか、またはデバイスや iCloud に保存されている特定の連絡先グループを選択します。
  • 繰り返しの着信:同じ相手から 3 分以内に 2 回電話がかかってきた場合に、2 度目は着信音が鳴ります。

まとめ

POINT
  • 仕事に集中したいなら「おやすみモード」を活用する
  • 手動でONにしたり、時間指定することができる
  • 自分の好みに合ったカスタマイズができる

僕は人一倍に気が散りやすく、音がなったり、誰かが通ったりすると、せっかく集中していたのに途切れてパフォーマンスが落ちることがよくあります。

リモートワークになってからは、スマホをデスクの近くに置くケースが増えて、通知音が鳴るたびにスマホを触る回数が増えてしまいました。

「おやすみモード」をうまく使えば、気が散ることなく集中した環境を構築できるな!って体感したので、是非みなさんも同じ悩みを抱えてる際は使ってみてください。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です