あなたはどんな手段でソロキャンをする?徒歩・バイク・自動車でギア選びが変わる

テントから見える景色

こんにちは。
YOSHIです。

ソロキャンプを目指して、これから1個ずつギアを集めようと思ってます。ただ初心者過ぎて何を買っていいのかガチで分かりません。

こんな時はキャンプ用品を売ってる店員さんに聞くのが一番なんでしょうが、「分からない=聞く」ってのは最終手段。

分からないなりに仮説立てつつ、調べていくのもソロキャンの楽しみではないでしょうか?

そこで今回の記事では、どんなソロキャンを目指しているのかを考えてみたいと思います。

どんなソロキャンを目指しているのか?

camp

みなさんは「どんなソロキャン」を目指していますか?

ソロキャンにはいろんな方法があると思います。

  1. 徒歩
  2. 自転車
  3. バイク
  4. 自動車

徒歩だとバックパックを背負って歩くので、重たい荷物を持って歩くのは現実的ではありません。逆にクルマだと、ギアの大きさや重さなど気にせず、大量に運ぶことができます。

どうやって運ぶのか。

それ次第で必要なギア(道具)が、180度変わると思う。

キャンプギアとは?

キャンプギアとはキャンプで使う道具全般のこと。テントやチェア、寝袋、焚き火台など、大きさに関係なくキャンプで使う道具すべてを指す。

そのためにも自分がどんなキャンプをしたいのか。
もしくは目指しているのか。

それをはっきり決めた方がいいと思う。

YOSHI
せっかくキャンプギアを購入したのに、持ち運びができなかったら意味ないよね。

どんな移動手段でキャンプ場に向かうのか?

徒歩

さっきも伝えたけど、4つの移動手段がある。

補足を伝えておくと徒歩には、電車やバスといった公共の移動手段も含まれている。そして最終的に徒歩で現地に向かうという流れです。

ちなみに僕が取れる手段は、「徒歩と自転車」の2つ。

近場であれば自転車だろうけど、ちょっと離れたキャンプ場となると確実に、電車やバスを使うことになる。(ヒッチハイクもあるだろうけど…)

自転車で景色を見ながら目的地に向かうのも悪くない。だけどせいぜい10〜15キロが限界。

それ以上だとキャンプ場にたどり着く前に、体力がなくなりそう。

YOSHI
自転車を使うメリットは荷物が取り付けられること。荷を背負う徒歩よりは、多くのキャンプギアを持ち運ぶことはできるかもしれませんね。

徒歩・自転車・バイクなら荷物は軽くて少なめがいい

女性がソロキャンプしている

徒歩か自転車、バイクでソロキャンを始めようと思っているなら、荷物は最小限のキャンプになるでしょう。

徒歩だと成人男性とはいえ、背負える荷物重量には限界あるし、夏場に長時間持って歩くのなんて考えただけで恐ろしい。

平地続きの場所であれば自転車がいいでしょう。

バイクや自転車だと背負うよりは多くの荷物を運べますが、それでも徒歩より多少積めるって程度かと思います。

そう考えるとできるだけ軽く、数は少ないのがベストではないでしょうか。

YOSHI
運動不足で体力ないから、重い荷物は流石に持てないっす。

車でキャンプするなら、好きなギアを集めるべき

はっきり言ってクルマ所有者ならオートキャンプをするべき。なんたってクルマに載せれる範囲なら、重量とか気にする必要がないからだ。

これは徒歩やバイクといった制限があるキャンパーからしたら、めっちゃ羨ましい。

テントなんて軽くて小さいほど、値段がバカみたいに高くなる。

多少かさばったっておかまいなし。トランクに積みさえすれば、あとは目的に向けてクルマを走らせればいいオートキャンプならではのメリットといってもいい。

むしろそのメリットを活かさなくてどうする?と言いたいくらいだ。

重量なんて気にしない豪華でゆったりとしたキャンプを楽しんだらいいと思う。

YOSHI
移動手段でしたいキャンプスタイルが決まってしまうのは残念だけど、持ち運べないギアを買っても宝の持ち腐れだからね。

選ぶ基準がはっきりしたので、これから欲しいギアを探していくとします。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です