SOTOスライドガスマッチにガスを補充する方法は?市販のCB缶で数秒チャージ!

SOTOガストーチ

こんにちは。
YOSHIAKIです。

SOTOスライドガスマッチのガス補充方法を知ってますか?

初めてライターにガスを補充する人だと、やり方がわからず困りますよね。実はSOTOスライドガスマッチだと、ガスの補充が数秒で終わるくらい、めちゃめちゃ簡単なんです。

そこで今回の記事では、CB(カセットボンベ)缶を使って、ガスの補充方法を解説していきます。

SOTOガスマッチとは?

SOTOガストーチ
TOM
SOTOのガスマッチでどんなの?

燃焼器具の総合メーカー「SOTO」の、プロのこだわりが詰まった補充式のガスマッチです。

登山やキャンプに火は欠かせないもの。極地に挑む登山家や冒険家の想いから生まれ、改良し、より良い製品とし誕生したのがこれ。

火口を伸ばすことができる

スライダーを伸ばした状態

チャッカマンのように手元から離れた位置で、着火させることができます。

SOTOガスマッチは、スライド式になっていて、最大7.5cm程度の長さまで伸び縮みさせ、調整することが可能。

縮ませた状態だと100円ライターと同じくらいのコンパクトさ。クッカーと一緒に入れてパッキングすることもできる。

チャッカマンだと棒の部分が邪魔になるので、パッキングが難しいが、SOTOガストーチなら気にする必要もないところが気に入ってます。

ガスを補充して何度も使用できる

残量メーター

SOTOガスマッチのいいところは、CB(カセットボンベ)缶からガスを補充できる点です。

CB缶なら近くのコンビニでも入手可能で、とても安価。家で鍋料理をする人なら、CB缶の1〜2本をストックしている人も少なくないと思う。

しかもほんの数秒で補充できるので、ガスをそんなに必要としない。めちゃめちゃコストパフォーマンスも抜群なんです。

いまの時代はエコなので、無駄なプラスチックを出さないようにするべきだし、100円ライターを無駄に購入するのをやめて、補充しながら大事に使っていく方が、いまの時代にあっている。

ガスの補充手順

①セーフティロックをする

セーフティロック

ガスを補充する前に、SOTOガスマッチについてるセーフティロックをしましょう

なぜならガスの補充中に、点火ボタンを押してしまったら、漏れたガスに引火する可能性がある。火災や火傷・SOTOガストーチの破損につながるので、しっかりとロックしておこう。

セーフティロックは、点火ボタンを本体側に押すと、カチッと音がなる。これでロック完了です。

ちなみに点火ボタンを外側にスライドさせると、ロック解除を行うことができる。

セーフティロック解除

逆に手前に引くことで、セーフティロックの解除になります。

説明書

ロックの仕方や解除方法は、裏面にイラスト図解がシールで貼ってあるので、参考にしてみてください。

YOSHI
ザックに入れてる時にギア同士がぶつかって、点火ボタンを押して着火するってこともあり得るから、普段から使わない時はロックするように心掛けよう。

②底面の丸い突起を確認する

補充口

SOTOガスマッチを逆さまにしてみると、底面に丸い穴があります。

ここからガスを補充する仕組みになってます。まずは丸い穴の中や、突起物の中に砂がないってないかチェックしておきましょう。

また何かの拍子に折れ曲がってたりすると、ガス漏れの原因となるため、壊れている場合はガスの補充はせずに、修理か再購入するようにしましょう。

③SOTOを床に立てる

テーブルや台など硬い場所にSOTOガスマッチを立てます

なぜ硬い場所なのか?というと、手で持ってするよりも、硬い場所に立てかけることによって、手元が安定します。

YOSHI
あれ?ガスが入らないぞ!って思ったら、台の上で立てかけてから、CB缶を差し込むと簡単に補充できます。

④CB缶(カセットボンベ)を差し込む

[SOTO穴]

 さぁ〜ようやくSOTOガスマッチに、ガスを補充しましょう。

[ガス穴]

CB缶のキャップを外したら、SOTOガスマッチの底面の突起物に合わせます。

[合わせる]

あとはCB缶を上から押し込むようにすると、シューって音と共に、ガスが充填されます。

押し込む時間は、約3〜5秒程度で大丈夫です。

[補充穴]

最初は1〜2秒やってみて、ちゃんとガスが充填されているか、ガス漏れしてないかなど確認しながらやると安全だと思います。

どれくらい充填されたかは、本体を傾けたりすると、残量がどれくらいか分かり易いです。

火が弱い・強いと感じたら?

+-レバー底面に+ーのレバーがあります。

レバーを左右にスライドさせることで、火力の調整ができます。

ちょっと火力が弱いな?強いな?と思ったら、レバーがどの位置で止まっているか確認してみてください。

まとめ

POINT
  • ガスを補充することで繰り返し使える
  • CB(カセットボンベ)缶から簡単に補充できる
  • とっても経済的
  • 着火口をスライドさせることができる

薪に火をつける際にファイヤースターターを使うのが、キャンプらしい体験だと思うのですが、なかなか火がつかないってこともあります。

そんな時のために予備として持って行くだけでも、安心感が違いますよ。

YOSHI
キャンプ初心者の方は火をつけるのにも一苦労だと思います。嵩張らないので、クッカーやザックの中に忍ばせておくといいと思います。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です