【必見】マイ友プログラムに紹介登録で最高5,500マイル?得するキャンペーン情報も

ANAマイ友プログラム
YOSHI
こんにちは。
YOSHI(@YShinkaron)です。

少しでもマイルを貯める方法ってないかなーって悩みませんか?

僕はANA陸マイラーとしてスタートした当初、マイルの貯め方が分からず、片っ端から陸マイラーのブログを読みあさってました。

そこで見つけたのがANAカードの発行時に、紹介者情報を入力する方法です。

登録自体はたった2~3分くらいなのに、最高5,500マイルも手に入るんですから、驚きじゃないですか。

そこで今回は

「マイ友プログラムの登録方法ってどうするの?」
「貰えるマイル数はどれくらい?」
「マイ友プログラムでもらえる条件ってあるの?」
「紹介者がいない場合は、どうすればいい?」
「得する情報とかある?」

といった疑問を分かりやすく解説していきます。

マイ友プログラムの登録方法

マイ友プログラムへの登録は1〜3分ほどで完了します。

手順は

  1. 登録URLから「マイ友プログラム」へ移動する
  2. 紹介者欄にYOSHIの情報を入力する
  3. 申込者欄にあなたの情報を入力する
  4. 確認画面で入力内容を確認する
  5. 登録する(完了)

紹介者情報
  • 紹介者氏名:ウエムラ ヨシアキ
  • 紹介者番号:00075549

マイ友プログラム登録画面

登録URLから移動すると「マイ友プログラム」登録画面に移動します。

ここでは「紹介者」と「申込者」の欄に情報を入力してもらうだけ。入力する項目数も少ないので、1〜2分もあれば出来そうですね。

紹介者・申込者入力欄
マイ友プログラム登録画面
YOSHI
マイ友プログラムへの登録前に、下記の情報もサラッとでもいいので、目を通しておくと役に立つよ。

マイ友プログラムを獲得できる「マイル数」と「条件」

獲得マイル数

マイ友マイレージプログラム
引用:マイ友プログラム

上記の表を確認してもらえばわかる通り、発行するカードの種類によって、「通常入会ボーナスマイル」と「マイ友プログラム入会ボーナスマイル」の付与数が違ってきます。

プレミアムカードを発行してもらうと、一撃で15,500マイルが貯まります。

ただ年会費も高いし、審査が厳しいので、初心者陸マイラーは「一般」「ワイド」「ゴールド」あたりを狙って発行するのが得策です。

YOSHI
記事後半では、お得にカードを発行する方法も書いてるので見てね!

自分を紹介者として登録はできない

自分を紹介者にはできない

マイ友プログラムでは、自分を紹介者として、新たに申し込むことができません

対象のANAカードを所有している方から、マイ友プログラムを紹介してもらわないと、入会ボーナスマイルを受け取ることができないので、気をつけましょう。

YOSHI
YOSHIの「紹介番号」を公開しているので、紹介者欄に登録してもらえると嬉しいです。

過去ANAカード所有者も、退会後6ヶ月経過で対象となる

過去にカード発行した人の条件

もし過去にANAカードを発行した経験がある方は、「マイ友プログラム」を適用できないかもしれませんので、条件を確認してください。

適用条件
  1. 別の種類のカードである
  2. 退会後6ヶ月が経過している
  3. 本プログラムを未適用の方

「別の種類のカード」という点がわかりにくいかもしれません。大きく分類するとANAカードには3つの種類があります。

  • ANAプリペイドカード
  • ANAデビットカード
  • ANAクレジットカード

過去の同一種類のカードを発行しており、今回も同じ種類のカードを発行しようとした場合は、対象外です。

例えば

過去「ANAクレジットカード」 → 今回「ANAクレジットカード」

上記のパターンは対象外になります。

過去「ANAプリペイドカード」 → 今回「ANAクレジットカード」

こちらのパターンは対象になります。

YOSHI
もし過去に発行している場合は、同一種類のカードで申し込まないように気をつけてね。

同じ種類のカードでの獲得回数は1人1回限り

入会者がすでに、同じ種類のカード会員であった場合は対象外になります。

同じ種類のカードで、マイ友プログラムのマイルボーナスを適用することができません。ただ異なる種類のパターンだと適用できるということになります。

・つまり

対象パターン

「ANAプリペイドカード」→「ANAデビットカード」「ANAクレジットカード」
「ANAデビットカード」→「ANAプリペイドカード」「ANAクレジットカード」
「ANAクレジットカード」→「ANAプリペイドカード」「ANAデビットカード」

今すでにANAカードのいずれかを所有していたとしても、同じ種類でなければ「マイ友プログラム」でボーナスマイルをもらうことが可能です。

マイ友プログラムの有効期限は「3ヶ月以内」

マイ友プログラムの有効期限(3ヶ月)

マイ友プログラムに登録後、3ヶ月以内に対象の「プリペイドカード」「デビットカード」「クレジットカード」のいずれかで、新規入会をしないと無効になります。

YOSHI
せっかくもらえるのに忘れてたら勿体無いですよ。

マイ友プログラムで損しないための方法

「一般カード」と「ゴールドカード」だと1,500マイルの差がある

入会ボーナスマイルの差

マイ友プログラムでとても重要なことを覚えてますか?

そうです。
同じ種類のカードでは1回しか「マイ友プログラム」を適用できないんです。

なので「一般カード」を先に入会してしまうと、後から入る「ゴールドカード」のマイ友プログラム入会ボーナスマイルが適用されません。

一般カード:500マイル
ゴールドカード:2,000マイル

この1,500マイルの差は大きい。

ANA TOKYUカードのマイル還元率は1%(10マイルコース利用時)なので、1,500マイルをショッピングで獲得するには、150,000円分のカード利用が必要になります。

YOSHI
「通常入会ボーナスマイル」と合わせると、2,500マイルの差になるので、どうせならこの分がもらえると海外旅行への道がグッと近づくよね。

1年以内に発行予定なら、ゴールドカードを優先すべき!

「一般」と「ゴールド」のどっちを優先すべきかといえば「ゴールド」です。

理由は

  • マイ友プログラムは1回切りだから
  • ボーナスマイルが2,500マイル多くもらえる
  • クレジットカード利用時のマイル還元率が良い
  • キャンペーン時の獲得マイル数が多い

陸マイラーにはマイル交換時に必要不可欠な「一般カード」があります。しかしポイントをすぐにマイル交換する必要はありません。

最初の1年は、ポイントを「貯める」ことが優先になるので、TOKYUカードなどの準備は、一定数のポイントが貯まってからで十分です。

それよりも「貯まる」カードを準備して、日常で支払う公共料金や家賃、ショッピングなどを集中させる方法が得策です。

オススメのゴールドカードは

ANA VISAワイドゴールドカードがお勧めだったのですが、新ボーナスポイント制度が適用されず改悪となるため、別のカードを検討した方がいいでしょう。

YOSHI
新たにお勧めできるゴールドカードが見つかったら、この記事でも紹介しますね。

マイ友プログラムの事後登録は無効になる

マイ友プログラム入会ボーナスをもらうには、順番が重要です。

必ず「マイ友プログラム」に登録した後に、ANAカードに入会するようにしてください。この流れを間違うと、マイルをもらうことができなくなります。

この流れは忘れないようにして下さい。

特にANAクレジットカードの場合は、500~5,500マイルと獲得数が多いので、間違うと初っ端から痛手です。

登録順には十分注意しましょう。

紹介者情報
  • 紹介者氏名:ウエムラ ヨシアキ
  • 紹介者番号:00075549

ANAマイル獲得キャンペーン

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です