【徹底解説】ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードでマイルを貯める5つのメリット!

YOSHI
こんにちは。
YOSHI(@YShinkaron)です。

このページを見てるってことは

これから「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を所有しようかなと検討されていると思います。

ANAマイルを貯めるには、「ソラチカルート」が廃止されたいま、この「TOKYUカード」が最重要クレジットカードになりました。

そこで今回は

「TOKYUカードを持つメリットって何?」
「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの詳細は?」
「TOKYUルートでどれくらいマイルが貯まるの?」
「入会キャンペーンってやってる?」

と言った疑問を詳しく解説していきます。

なぜ「TOKYUカード」を持つべきなのか。その理由は?

以前までANA陸マイラーが利用していた「ソラチカカード」。

LINE→メトロポイントが封鎖されてから、注目度が一気に上昇しているカードといえば、この「TOKYUカード」です。

YOSHI
「TOKYUカード」ですが、ANAマイルを貯めても優秀、そして支払用のクレジットカードとしてもイケてます。

どんな感じでイケてるかと言うと

  • TOKYUルートで還元率75%のANAマイルが貯まる
  • 「マイ・ペイすリボ」利用で、年会費が751円まで下がる
  • 毎年継続ボーナス1,000マイルがもらえる
  • カード利用でワールドプレゼントが貯まる
  • TOKYU加盟店でTOKYU POINTが貯まる

これだけのメリットがある「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」は、陸マイラーではなくても、所有しておいて損がないクレジットカードと言えます。

陸マイラーなら絶対所有すべき「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」の詳細とメリットを紹介します。

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」の詳細を解説

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」は、最初のANAカードとしてオススメ!!ANA陸マイラーの最初の1枚に相応しいです。

クレジットカードの基本スペック情報を一覧にしてます。

発行会社 三井住友カード
クレジットブランド Master Card
年会費 初年度:無料
2年目以降:2,000円+税
家族カード 初年度:無料
2年目以降:1,000円+税
提携先 ANA
東急百貨店
PASUMO
年会費割引特典

【web明細サービス】
翌年以降年会費:1,500円+税

※過去1年間に6回以上の請求がある方が割引対象

【マイ・ペイすリボ】
割引適用後年会費:751円+税
※マイ・ペイすリボに設定
※年1回以上カードを利用すれば割引
旅行傷害保険 【最高補償額】
海外旅行:1,000万円
国内航空:1,000万円
国内旅行:なし
ショッピング補償 年間100万円までのお買い物安心保険
ポイントサービス 【ワールドプレゼント】
お買い物利用:1,000円につき1ポイント付与(消費税含む)
ポイント有効期限 2年
TOKYU POINT TOKYU POINT加盟店で利用
3〜10%相当のTOKYU POINTを付与
【ANAマイル移行】
5マイルコース

移行手数料:無料
換算率:1,000円=1ポイント=5マイル
単位:1ポイント以上、1ポイント単位
移行方法:自動または都度移行
ボーナスポイント移行:可 / 1ポイント=3ポイント
※ボーナスポイントは都度移行のみ

【ANAマイル移行】
10マイルコース

移行手数料:6,000円+税
※年度(4月16日〜翌年3月31日)ごと

換算率:1,000円=1ポイント=10マイル
単位:1ポイント以上、1ポイント単位
移行方法:自動または都度移行
ボーナスポイント移行:可 / 1ポイント=3ポイント
※ボーナスポイントは都度移行のみ

入会・継続ボーナスマイル 1,000マイル
割引サービス 空港内店舗「ANA FESTA」10%割引
お支払い方法 1回 / 2回 / ボーナス一括 / リボ / 分割
お支払日 15日縮め、翌月10日払い

※スマホの場合は表を左右にスクロールできます 

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を持つべき5つのメリット

①TOKYUルートで還元率75%のANAマイルが貯まる

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードは、「ハピタス」や「ポイントインカム」などのポイントサイトで貯めたポイントを、ANAマイルに交換するための必須カード。

TOKYUルートを図にすると

ポイントサイトから「ドットマネー」を経由し、TOKYU POINTに集め、タイミングを見計らって、ANAマイルに交換するって感じですね。

YOSHI
一番効率の良くANAマイル交換をするなら、絶対に持っておかないといけないカードってことです。
【2019/12】TOKYUルートでANAマイル交換方法!図解解説も

【2019/12】TOKYUルートでANAマイル交換方法!図解解説も

モッピー限定キャンペーン

【TOKYUルート】ANAマイル交換が86.3%に!?モッピー限定キャンペーンも

②「マイ・ペイすリボ」利用で、年会費が751円まで下がる

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」では、条件をクリアすることで、年会費が751円+税まで安くなります。

年会費の割引特典を受けるには

  • Web明細サービス
  • マイ・ペイすリボ

の2つがあります。

ただし2つの割引特典を重複して適用することができません。そのため2つとも設定した場合には、割引額が大きいサービスを適用します。

 

「Web明細サービス」は、支払い金額の明細書を、紙ではなくWebで確認するサービスです。

翌年以降の年会費が1,500円+税にするには

  1. 「紙→Web」に変更する
  2. 過去1年間に6回以上の請求がある

この2つをクリアする必要があります。

 

「マイ・ペイすリボ」は、簡単に説明するとリボ払いです。

年会費751円+税にするには

  1. マイ・ペイすリボに設定する
  2. 年1回以上カードを利用する

 

YOSHI
とくに金額の縛りがなく、年1回しか利用しなくていいので、簡単にクリアでき年会費が751円まで下がるとは、僕なら「マイ・ペイすリボ」に設定して、年に1度利用します。

③毎年継続ボーナス1,000マイルがもらえる

入会・継続時にボーナスマイル1000マイルが付与される

実は「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード」を申し込むと、初回入会時に1,000マイルもらえるだけでなく、毎年継続ボーナスとして1,000マイルもらえます

これって凄くないですか?

「マイ・ペイすリボ」に設定して、年1回利用すれば年会費が751円+税に下がるのに、継続するだけで毎年1,000マイルも貰えるんです。

マイルは「1マイル=1円」の価値がありますから、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード」を持っているだけで年会費分をペイできちゃいます。

ほかには国内特典航空券とマイルと交換する方法もあります。1マイル2円の特典航空券と交換すれば2,000円分がバックされたのと同じですよね。

年会費を払っても損をしないどころか、持ってるだけで年会費以上に還元が受けられます

YOSHI
持ってるだけでも1,000マイルが貰えるなんて、お得過ぎます!

④カード利用でワールドプレゼントが貯まる

クレジットカードを所有する上で気になるのが、ショッピング時のポイント還元率ですよね。

ポイント還元率が高いカードなら、ショッピングで利用するメインカードとして使うことができるから、マイルを貯めるのに有利。

ちなみに「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」では、1,000円=1ポイントのワールドプレゼントが貯まります

ワールドプレゼントは、ショッピング利用だけでなく、PASMOへのオートチャージや定期券の購入なんかでも、ポイントが付与されます。

ANAマイルに交換する際、2つのコースで交換マイル数が変わってくるので注意が必要です。

マイルコース
  • 1ポイント=5マイル(5マイルコース利用時)
  • 1ポイント=10マイル(10マイルコース利用時)

⑤TOKYU加盟店を利用して、TOKYU POINTが貯まる

ショッピング利用で効果的にTOKYU POINTを貯めるなら、東急系列とTOKYU POINT加盟店を利用しましょう。

先ほど説明したワールドプレゼントとは別に、TOKYU POINT加盟店でショッピングをすると、TOKYU POINTが貯まります

加盟店を利用してのTOKYU POINTはポイントを貯めやすく、5~10%をポイント還元するショップも珍しくありません

利用する加盟店によってポイント還元率が異なりますが、販売価格が同じくらいなら、加盟店を利用してTOKYU POINTを貯めましょう。

TOKYU POINT モールを経由すれば、楽天も利用できます。

楽天ポイントもついた上、TOKYU POINT付与されるから、うまく利用すれば結構たまりそうですね。

YOSHI
TOKYU POINTモールでは、最大20%ポイント還元のキャンペーンも開催してたりするよ。

ANAカードの入会キャンペーンを利用して、追加マイルがもらえる!

申込・入会前に「マイ友プログラム」登録で最高5,500マイルが貰える

ANA TOKYUカードを申し込む前に「マイ友プログラム」に登録しましょう。

実はANA系のカードには紹介プログラムがあり、すでにANAカードを所有している人から紹介を受けて、ANAカードを申し込むと、500~5,500マイルが追加でもらえます

ただ「マイ友プログラム」キャンペーンで、追加マイルをもらうには、1つだけ条件があります。それは現在、ANAカードを1枚も持っていない方が対象となることです。

条件
  1. ANAカード所有者から紹介される
  2. ANAカードを1枚も所有していない

「マイ友プログラム」を利用してもらえるマイル数は、カードの種類ごとに決まっています。

マイ友プログラムのマイル獲得表
引用:ANAマイ友プログラム
  • ANA 一般・ワイドカード:500マイル
  • ANA ワイドゴールドカード:2,000マイル
  • ANA プレミアムカード:5,500マイル

ちなみにANA TOKYUカードは、ANAカード「一般、ワイド」に該当するため、紹介者・入会者共に500マイルがもらえます。

「たった500マイルか!」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

ANA TOKYUカードのマイル還元率は1%(10マイルコース利用時)なので、50,000円分のショッピング利用してもらえるマイル数と同等ということになるんです。

つまり当サイトから「マイ友プログラム」を登録して、ANA TOKYUカードを発行すれば、500マイルが簡単にもらえちゃいます。

当サイトからの紹介は、
下記の「マイ友プログラムに登録する」ボタンより登録ページにいき、

紹介者情報
  • 紹介者指名:ウエムラ ヨシアキ
  • 紹介番号:00075549

「紹介者指名」と「紹介番号」に入力して、マイ友プログラムに登録してもらえれば、ANAカードを新規発行時に追加で500マイルがもらえます

ANAマイ友プログラム

【必見】マイ友プログラムに紹介登録で最高5,500マイル?得するキャンペーン情報も

ポイントサイトキャンペーンでマイルを稼ぐ!

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード
引用:ポイントインカム

年が明けたこともあり「ポイントインカム」で、ポイント獲得のチャンスが到来です。

昨年はソラチカルートが封鎖されると発表があってから、このTOKYUカードが一気に人気になり、ポイントサイトでの案件が予算の都合上、無くなってました。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を発行してもらえるポイント数は7,000ポイント(700円分)と、ちょっと少なめですが、また予算の都合でなくなるとも限らないのです。

この機会を逃さずTOKYUカードを作っておくといいですよ。

ポイントサイトのポイントインカム

「ポイントインカム」は累計会員数300万人もいて、陸マイラーなら必ず登録しているポイントサイトです。

当サイトから「ポイントインカム」に登録してもらうと、入会ボーナスとして1,000ポイントがもらえます

YOSHI
YOSHIもメインで使っているポイントサイトだよ。上位の「プラチナ会員」になると、追加でポイントもらえるから、マイルの貯まりやすいです。

まとめ

  • ANAマイルを高レート交換するなら、TOKYUカードが必須
  • 「マイ・ペイすリボ」を設定して、年会費が751円+税になる
  • 毎年継続ボーナスで1,000マイルがもらえる
  • ワールドポイントとTOKYU POINTの2つのポイントが貯まる

年会費が安いだけでなく、継続ボーナスももらえるので、実質無料でカードを持てる。これだけでも結構魅力的ですよね。

さらにTOKYU POINTが貯まるし、ワールドプレゼントもANAマイルに交換もできる。

本気でANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードを発行する価値があると思います。このカード以上のANAマイル交換レートが現れない限り、陸マイラー必須のカードになるでしょう。

YOSHI
今後もマイル情報を紹介していくので、これからもLIFE LEVERAGEを是非見にきてください!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です