Googleアナリティクスで自分を除外しカウントしない方法【簡単3分】

自分のアクセスを除外する方法

こんにちは。
YOSHIです。

Googleアナリティクスをデータを見ると、自分のサイトへのアクセスも、カウントしているってことないですか?

僕は記事を更新・修正する際に、サイトの表示を何どもリロードすることがあり、そのせいで正確なユーザーのアクセス数がわからなくなっていました。

実は自分のアクセスを自宅外でもカウントさせない方法が、Chromeの拡張機能で解決することがわかりましたので、画像を使って設定方法を解説していきたいと思います。

Chrome「拡張機能」で自宅以外でも自分のアクセスとカウントしない

カフェでPCを使って作業している

僕は自宅以外でも、スマホのテザリング機能を使ってWordpressの更新をしています。

自宅のIPアドレスはアクセス解析「Google アナリティクス」から除外する設定してても、外で別のIPアドレスからサイトにアクセスすると、カウントされてしまいます。

そこでとても簡単な方法で回避する方法として、Chromeの拡張機能を使うことをお勧めします。

Chrome「拡張機能」の設定方法

さっそくChromeの「拡張機能」で設定していきたいともいます。
まずはChromeウェブストアを開きます。

検索窓で「Google Analytics」と入力すると、「Google Analyticsオプトアウトアドオン」という拡張機能が表示されます。

右側にある「Chromeに追加」をクリックします。

「Google Analyticsオプトアウトアドオン」を追加しますか?とポップアップが表示されるので、「拡張機能を追加」のボタンを押します。

するとアイコンが表示されました。
これで拡張機能の追加は完了です。

次に管理画面を開き、設定を変更します。

「権限」の項目で、「すべてのサイト」に変更します。
これで設定も完了です。

まとめ

スムーズに設定までできた方は、3分程度でできたのではないでしょうか。できればアクセスされてないかを確認するために、アナリティクスのリアルタイムに数字が表示されないかも、合わせて確認するといいですよ。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です