【ソロキャンプ】福岡からたった10分で行ける離島「能古島」で、真夏ののんびり浜辺キャンプ!初めての焚き火と薪割りで苦戦

ソロキャンプ、能古島で浜辺キャンプ

こんにちは。
YOSHIです。

7月に入り気温もグングン上がってきて、本格的に夏らしくなってきましたね。

せっかく夏が来たのですから、どうせなら夏らしいキャンプをしたいなーってことで、福岡市からフェリーで10分でいける離島「能古島」で、浜辺キャンプをしてきました。

福岡からフェリーで10分の近場にある離島

能古島への地図
TOM
福岡市内から10分で行けるの?すごい近いね。

能古島のいいところはフェリーで10分程度で行ける、近場のリゾートって感じです。

福岡市内は九州で一番発展している街でもあり、そんな都会からわずかな時間で、ガラリと雰囲気が変わった自然豊かな島ライフを楽しめます。

とはいえ、福岡に移り住んで8年目ですが、能古島に行くのは今回が初めて。

どんな場所なのかワクワクが止まりません。

姪浜港

姪浜旅客待合所
TOM
能古島にはどうやって行けばいいの?

能古島へ行くには福岡市西区にある「姪浜(めいのはま)港」からフェリーに乗って行く必要があります。

姪浜旅客待合所から1時間に1〜2本ほどフェリーが出るので、焦る必要はありませんが、ハイシーズンである夏場は海水浴場や、のこの島アイランドパークに行くお客さんが結構います。

フェリーに乗り込む

僕が行ったのは7/23(金)の祝日。

お昼の便に乗った人は60名くらいはいたんじゃないかな。

フェリー時刻表
引用:のこのしまアイランドパークHP

フェリーの出発時間は、18時まで同じ時間帯に出港しています。

それに合わせてバスや車で向かうといいと思います。

能古島まで運賃は大人の片道で230円と、比較的リーズナブル。

運賃(片道):大人230円、子供120円

YOSHI
切符は往復分をまとめて購入することができますが、遊んでたら落としてなくす恐れもあるので、直前に購入した方がいいかもしれません。

キャンプ村へは無料送迎バスが出ている

無料送迎バス
TOM
キャンプ村まではどうやって行くの?

能古島に到着したら、案内所付近にキャンプ村のスタッフの方が、プラカードみたいなのを持って待機してくれてます。

80mくらい歩いたところの空き地に、無料送迎バスが2台待機しているので、それに乗ることでキャンプ村まで行くことができます。

福岡市内との距離

海沿いから福岡市内がよく見えるな。

こう見るとほんとに福岡市内から近いのがよくわかる。

これだけ近いと、夜景が絶対綺麗でしょ。

細道を歩くとキャンプ村が見えてくる

5分ほど車で走ったらそこからは歩きでキャンプ村へ向かいます。

距離で言ったら150mくらいでしょうか。

細い道を下っていくとヤシの木が無数に生えていて、南国の雰囲気が徐々に出てきます。

海水浴客がたくさん

キャンプ村
TOM
夏だと海水浴客がいっぱいいるんだね

受付を済ませてビーチの方に向かうと、海水浴客が座るためのテントが、10張くらいは建ててたんじゃないかな。

1つ1つ番号が振ってあり、予約したグループごとに分けられているんだと思います。

海水浴客そこでは海水浴を楽しんだり、BBQしたり、お酒を飲んだりと、その光景を見ていると夏の海水浴場の光景で、コロナ禍であることを忘れさせるかのように、わいわい楽しそうな雰囲気でした。

やっぱ夏はこうでなくては!
(いまはするべきではないけど…)

YOSHI
一応、福岡市内でも感染者数が増えてきているので、人混みが多い場所には近づかないようにしてました。
テントサイト

テントサイトは海水浴場の奥にあり、駐車場と並列してある。(車が停まってなければ、その分テントサイトの場所が増える)

今回選んだテントサイトは、ビーチのすぐそば。

風も強くなくちょうどいい感じのそよ風。これならビーチ沿いの方が景色もいいだろうってことで選びました。

YOSHI
森側だと蚊がたくさん寄ってきそうってのもあります。

アウトドアチェアに座りながら、波の音を聞く贅沢な時間

 

ネーチャーハイクのチェアに座って波の音を聞く

ネーチャーハイクのテントとアウトドアチェアを組み立てたら、あとは波の音を聞きながらボーっとする贅沢な時間。

僕たちは日々何かしらに追われ、常にネットに繋がって、情報のシャワーを絶えず浴びてるわけです。

なので何も持たない、ただただゆったり流れる時間ってほんと大事。この年齢になってからようやく、この時間が大事ってわかるようになってきた。

初めての焚き火と薪割り

薪割り

今回のキャンプでやってみたかったこと。それは「薪割り」と「焚き火」です。

この2つは絶対にやりたいって思って、焚き火台とか準備してたので、めちゃめちゃ楽しみにしてました。実際にやってみたところ、上手く薪が割れない!

地面が柔らかい砂ってこともあり、上から叩いてもナイフに力がうまく伝わらない。薪割りって上からの力と下からの力の両方が必要なんですね。

そういえばYouTubeで薪割りしてる時って、切り株の上でしたり、硬い地面でやってるのをみたことある。

砂場だったら薪を床に置いて、その上でやればよかったなと後から気づきました。

YOSHI
焚き火台が小さいから薪を小さく割ったら、今度は燃焼時間が短いって問題が出てきました。薪割りは次回の課題ですね。

 

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です