【DaVinci Resolve】カラーグレーディングしたノードの設定を保存する方法

ノード設定を保存

こんにちは。
YOSHIAKIです。

DaVinci Resolveでカラーグレーディングをしたノードを保存して、別のクリップや他のプロジェクトに使いたい!ってことありませんか?

毎回のようにノードを作って、調整して、LUTを当ててってするのが面倒ですよね。

実は一度作成したノードの設定を、メモリーとして保存することができます

それにとりあえずベースとなる共通のノード設定を作成して、保存しておけば、いつでも後から呼び出すことができ、動画編集作業の時短に活用できます。

これは知ってるだけで、結構時間短縮につながるので、ぜひ覚えておきましょう。

では早速、解説していきます。

カラーグレーディングしたノードを保存する

カラーグレーディングしたクリップ

まずは保存したいノードを作成しておきます。

メモリーに保存

画面上部のメニュー内になる「カラー」をクリックします。

コンテキストメニュー内の「メモリー」にマウスホバーすると、「メモリーAに保存」と表示するので、ここにクリックして保存しましょう。

手順
  1. メニューの「カラー」をクリック
  2. コンテキストメニューの「メモリー」をクリック
  3. 「メモリーAに保存」を選択する

メモリーはA〜Hまで合計で8個保存することができます。

ショートカットキー

Option + 1(保存したいメモリーの番号)

YOSHI
いちいちコンテキストメニューを開いたりするのが面倒!って人は、ショートカットキーを覚えておくといいですよ。

一瞬で適用されるので、めっちゃ便利!

保存したノードを呼び出す

メモリーを呼び出す

今度は、設定を保存していたノードを、別のクリップに適用する場合です。

まずは適用したいクリップを選択します。

その次に画面上部のメニューから「カラー」をクリック。コンテキストメニューで「メモリー」を選択します。

呼び出したいメモリー(A〜H)を選択すると、ノードが呼び出されます。

手順
  1. メニューの「カラー」をクリック
  2. コンテキストメニューの「メモリー」をクリック
  3. 「メモリーAをロード」を選択する

メモリーAで保存した設定は、メモリーAをロードすることで適用されます。

ショートカットキー

Command + 1(ロードしたいメモリーの番号)

まとめ

POINT
  • カラグレしたノードをメモリー保存ができる
  • メモリーは最大8個まで設定可
  • よく使う設定を保存しておくことで時短になる

DaVinci Resolveを使うメリットはカラグレが綺麗にできる点。だけどPremiere Proみたいにタイムライン上にレイヤーみたいにLUTを当てたりできないのは残念。

クリップごとにノード作成して、カラコレ・カラグレするのは、正直面倒でした。

しかしネットで色々検索していくと、どうやら設定したノードを保存・ロードすることが可能と知った時には、思わず歓喜してしまいました。

これでベースは出来上がったので、カラコレ・カラグレをすることに時間を使えますね。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です