企画を面白くするには、共通点を見つけ省くことから始める

指を差す

こんにちは。
YOSHIAKIです。

面白い企画を作るのって難しいですよね。

YOSHI
これ面白い!って企画が思いつかないんだよな〜

YouTuberだったら同じ悩みを抱えてる人多いはず。企画を練ってみたけど、誰かの二番煎じ・三番煎じ完全に真似っこになってる。

僕もその一人。

他のYouTuberが考えた企画を、丸パクリではないけど、似たような感じになる。真似をすることは悪いことではない。だけど、「なんか違う」って心の中がモヤモヤする

「面白い」って何だろう?

結構むずいですよね。

ズバッと答えられる人って少ないと思う。

ちょうどいい機会なので、自分がYouTubeを見て「面白い」と感じた動画が、どんなものだったかを考えてみた。

  • 自分の知らないことを知ったとき
  • 予想外のハプニングが起こったとき
  • 何か失敗したとき
  • むちゃくちゃなこととしてるとき
  • 制限・制約があるとき

他にもあるんだろうけど、パッと思いつくのがコレ。

「面白い」の反対は「よく分からない」

中高生は企画が面白いと思った時には「面白い!」と言ってくれましたが、そうでない時に返ってくる言葉は「面白くない」ではなく、「よく分からない」。「面白い」の対義語は「よく分からない」だったのです。

確かに。

何を伝えたいのか、どこが面白いのか「よく分からない」。だから「面白くない」ってことになる。言われてみたらそうだよ。

「面白くない」にもちゃんと理由があった。

「面白い」の反対語は「よく分からない」。しかし、「分かりやすい」からといって「面白い」とは限りません。「分かりやすい」ことは必要条件であって十分条件ではないわけです。

分かりやすい説明をされても、「おもしろ!」とは確かにならない。

見てる人が理解しやすいように、丁寧に解説入れたり、ついてこれてるか確認するような動画になると思うから、その時は単純に「分かりやす!」ってなると思う。

商品レビューとか勉強系の動画なら、これでも十分いけそう

だけどエンタメ系とかVlog系の動画では、「何かの勉強チャンネル?」って思っちゃうよね。

「面白い」は似てない

普通に見えるもの同士は、なんだか似ている。

「普通」とは、「似ている」ということではないか。

一方で、面白くて目立っているもの同士を比べても、それぞれ個性的で共通点はない。強いて挙げるとするなら、他と似ていないこと。だから目立っている。

企画を考えるとき、有名YouTuberやVloggerの動画を参考にしてる。

ただそれだと「似ている」ものを作ってるから、初めて見た人以外は「普通」と感じるかもしれない。そう感じてるってことは、相手の記憶に残りにくいとも言える。

例えば「メントスコーラ」。

初めて見た時、「なんて面白いことするんだ!」と衝撃を受けた。二番煎じ、三番煎じでやっても初めては超えられない。

ただ同じように「何かに、何かを入れる」という公式を使って、予想外な組み合わせの横展開みたいなのはできると思う。

やはり、言葉にせよ企画にせよタレントにせよ、過去に見た何かの引力に引っ張られ、それに似てくることで無意識に安心しているように思うのです。クリエイティブは自由、答えは一つではない。

正解なんてない、自分らしく考えればいい。すると、正解がないから、自由に、前例に倣ってしまう。もし自分に、気をつけさえすれば直せる点があるとしたら、そこかもしれないと思ったわけです。

YouTubeって自由だしクリエイティブに考えていいだけど、「これで合ってるのかな?」とか自分のしてることが正しいのかわからないよね。

特にYouTubeを始めた頃って、有名YouTuberのマネをしたくなる。

それが1番ラクでもあるし、すでに再生数が伸びてるネタだと需要あると思って、つい同じ感じに撮影してしまう。

だからみんな同じような動画、同じようなネタになってしまってる。

そこにはビビッとくるような「面白さ」はないかもしれない。

まとめ

POINT
  • 「面白い」の反対は「よく分からない」
  • 使うワードがジャンルごとに似てくる
  • 探すのではなく、まずは省く

YouTubeでどうやったらチャンネル登録者が増えるのか。

それを考えてたらKindleで見つけたのが、博報堂のCMプラナー井村 光明さんの著書『面白いって何なんすか!?問題センスは「考え方」より「選び方」で身につく』です。

普通のビジネス本とは文章の書き方が違う。

なにやら頭の中にあるモヤモヤを、課題と向き合いつつ、自分との会話をするように文章を書いてるが印象的でした。

結論を話し、その後で説明する文章とは違うので、多少の違和感はありますが、視点を変えたらそこが面白いなぁ〜と思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。