WEBディレクターを1ヶ月やって分かったメリットとデメリット

こんにちは。YOSHIです。
WEBディレクターに転職をして約1ヶ月半が経過しました。

まだ仕事をし始めて1ヶ月あまりの短期間ではありますが、この1ヶ月間を振り返って感じた、WEBディレクターのメリットとデメリットを伝えたいと思います。

WEBディレクターのデメリット

平日は夜遅くまで残業することが多い

平日はほぼ残業しています。
定時に帰ることの方が少ないです。

営業マンが契約してきた案件を受け持つのですが、これまた遠方が多い。鹿児島、宮崎、熊本、大分、長崎など、福岡からレンタカーを借り、高速道路を使って契約した顧客の元に向かい、サイト作成に必要なヒアリングをします。

昼間に取材ができればいいのですが、やはり顧客の都合に合わせて時間を取るので、夕方や夜から取材を始めることもあります。

当然帰る時間は深夜ってことも。

受け持つ案件が増えてくると土日も何か作業している

これは仕事がどれだけさばけるかによります。

僕はライティングがとても苦手なので、普通の人が1時間で終わる作業が、平気で4時間くらいかかります。ここまで遅いと通常業務に支障をきたすので、大体帰宅してからも作業を進めます。

それでも追いつかない場合には、土日を使って納期に間に合わせるために、追い込みをかけることもあり、休みのはずの休日が、完全に仕事をして終わります。

これはスキルがない僕が感じるデメリットなので、全員が当てはまるわけではないです。

甘いものを食べてしまい体重が増加する

どうも普段使ってなかった脳みそを、フル回転させながら指示書を書いたり、キャッチコピーを考えたりしていると、糖分が足りなくなるためか、やたらと甘いものを食べたくなります。

WEBディレクターって机の前で作業することが多いので、どちらかというと運動不足になりがち。その上、甘いものを食べてるので、体重は増加傾向にあります。

体重計に乗ってはいないですが、腹回りの脂肪がどうも増えたようにしか見えない。このままだとスーツが着れなくなるので、対策を考えることにします。

WEBディレクターのメリット

色々な業界の情報を知ることができる

普通に生活していたら興味すら無かった業界のことを、顧客にヒアリングするので、嫌でも色々な業種の仕事の内容だったり、そこで抱えている悩みだったり、自然と詳しくなります。

好奇心旺盛で、探究心がある人にはすごくお勧め。社長さんにとって同業者や、他業種の動向は凄く興味があることなので、「あっちの業界ではこんな感じらしいですよ」と話すだけで、食い付きかたが違います。

ヒアリングの流れで教えたりすると、めちゃめちゃ喜ばれますよ。

質問力が格段に上がる

事前に準備していたヒアリングシートだけでは対応できないこともあります。

そんな時は、その場に応じて臨機応変に質問内容を変えることもあるので、自然とどんな質問をすると、聞きたい情報を得られるのかを考えるようになります。

そのことで質問力がいつの間にか鍛えられていると感じます。

コミュニケーション能力が上がる

全く知らないクライアントに会いに行くので、親切な人もいれば、癖のある方も中にはいます。

癖のある方でも心を開いてもららないと、欲しい情報にたどり着くことができないため、相手の表情や仕草、態度などを読み取り、どのように話を持っていけばいいかを考えます。

相手に嫌われてしまっては、情報を引き出すことなんて到底できないので、普通にしているだけでもコミュニケーション能力は飛躍的に上がると思います。

ライティングのスキルが上がる

このスキルは特に実感できます。これまで文章を書くのが苦手で、たった100文字くらいを何時間もかけて書いていたのが、自分でもビックリするくらい、ライティングにかかる時間が短縮されてきています。

実際にこの記事では2000文字くらいなのですが、2ヶ月前の自分なら3日はかかってました。

それが日をまたいで書いているとはいえ、実際にPCに向かって打ち込んでいる時間は、およそ1時間程度くらいじゃないでしょうか。

ここまで成長しているとは自分でも驚きです。まだ文章の構成だったり、使う言葉がわかりにくかったりしますが、苦手なことでも続けてれば、多少なりとも成長するんだなと実感してます。

まとめ

ディレクターの仕事は、良い面も悪い面もあります。
ただ側面だけを見てしないよりは、僕はやったほうがいいと思います。

WEBディレクターになってプライベートの時間は極端に減ったように思いますが、ダラダラしている時間をスキルアップに使っていると考えれば、それはそれで良かったのかなと。

これからの課題は、勤務時間内に全ての作業を終えれるようになることです。すぐには達成できないかも知れないですが、時間の使い方や作業の仕組み化で、短縮できるようにしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です