「こう書かなくてはいけない」と思うことを辞めたらラクになった

ブログを再開してから4ヶ月。
文章を書くことが苦手な僕ですが、ようやく30記事を越えました。

最近はコツを掴んできたのか、少しずつライティングのスピードが上がってきて、ブログを更新することが楽しくなってきました。

これまでを振り返って、気をつけたほうがいいと思う事を書いてみようと思います。

かっこいい文章を求めない

かっこいい記事を書きたいと思っていませんか?

もしオウンドメディアや有名ブロガーと同じように、知性あふれる文章を書きたいと思っているのであれば、今すぐその欲求を捨てましょう。

僕は最初の頃、友人知人に見られる事を想定し、知的でカッコイイ文章を書くため、いろんなブログを見て廻りました。

色んな本を読み試行錯誤を繰り返したけど、キーボードを打つ手はいっさい動きませんでした。

無理に背伸びをし、実力に伴わないことをしていたのです。

かなめ
最初の頃はそうだったよね。

誰か忘れましたが「どうせ誰も見ていないし、ブログは後から何度でもリライトすればいい」と言ってたのを見て、僕は肩の荷がおりました。

振り返って変だと思えば修正すればいいんです。そう思えたら結構ラクになります。

書くハードルを下げる

初心者が記事を書けなくなる原因の1つとして、自分でハードルを高く設定し過ぎていることです。

SEOを意識して2000文字以上とか、中身のある記事を書くとか、自分で記事を書くためのハードルを上げてます。

そんな僕も最初に書いた記事は2000文字越えです。何日もかけて書いた文章ですが苦痛でしかなかった。

書くことに苦痛を感じる訳ですから、当然ブログの更新も滞ります。何のためにブログを始めたのか分からないですよね。

最初のうちは食レポとか、簡単なことから始めましょう。

美味しいものを食べて、インスタ映えするような写真を撮り、ここのお店のこのメニューがいいんだよ!って教える文章を書く。

それでいいんです。
自分が楽しくなければ、文章の内容もつまらないですから。

かなめ
最初は100パーセント飛べるくらい簡単なハードルにしよう

徐々に高さを上げていき、飛ぶ喜びを知るのが大切だよ。

周りと比較しない

僕は周りと自分を比較をしてしまいます。

僕が所属している球拾いサロンのメンバーは、すごい人達が勢揃いしています。

ものすごい勢いでフォロワー数が伸びるのを間近で見てると、みんなと自分との実力の差を痛感して落ち込んだりもします。

しかし自分と周りの人達を比べても、自分のフォロワーは増えることはありません。

せっかく色んな人達がいるんだから、その人達の役立つことをしたり、絡んで楽しんだほうが面白いです

絡んでいると知らない人達が「何か面白いことしてる!」と感じ取ってくれて、自然とフォロワーも増えてくるようになり、気づいたら比較している自分も消えてました。

かなめ
比較して落ち込むより、積極的に絡んで楽しむことが大切だね。

まとめ

30記事を書くまでに困った事を記事にしてみました。

ブログって最終的には造られたものより、その人らしい記事をユーザーも好むんじゃないかな。もっと自然体で楽しみましょう。

次は50記事を目標に頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です