手書きアプリを使うなら、Evernoteが最強

こんにちは。
最近買ったipadを、もっと活用したいと考えているYOSHIです。

Evernoteは6年以上前から使ってたのですが、気になった記事などをクリップするのがメインで、あんまり使い込んでませんでしたが、iPadとapple Pencilを購入してから使い方が変わりました。

手書きアプリを使うなら、Evernoteが最強だと思ったので紹介したいと思います。

Evernoteで手書きをするには、スケッチを追加するだけ

Evernoteで手書きをするのは、とても簡単。

iPadであれば、新規ノートを作成し、画面左下にあるプラスボタンを押して、「手書きスケッチを追加」をタップするだけです。

プラスを押すとメニューが表示され、メニュー内の「スケッチを追加する」をタッチします。するとドットが表示された空白のキャンバスが開きます。

あとは自由に書くことができます。

ペン、マーカー、消しゴム、切り取りの4つの機能

機能としてはとてもシンプル。
ペン、マーカー、消しゴム、切り取りの4つです。

画面上部にアイコンがあるので、迷うことなく使えますね。とてもUI(User Interface)がいい。

自動で文字補正をしてくれるから、字が綺麗に書ける

ざっと文字を書いて見ましたが、どうでしょう。

決して字が綺麗ではない私でも、自動的に文字補正をしてくれるため、こんな感じにブレることなく、とても綺麗な字が書けます。

apple pencilとの相性も良く、スムーズに反応し、とても書き心地がいいです。後からノートを見返す際に、何を書いたのか分からないことがあるので、自動補正してくれると助かります。

図形の自動認識をONにすると、図形が簡単!

ペンを押すと、文字サイズや、色を変更できますが、「図形の自動認識」と言う項目があります。これをONにするだけで、図形がとても綺麗に書くことが可能になります。

ただ縦線や横線を書いた際に反応してしまうので、文字を書く際には、OFFにしておきましょう。

一度apple pencilを使うと、指が触れても反応しない

手書き系のアプリをいろいろ試して見ましたが、どれもペンを使って文字を書いていると、手が画面に触れて線を書いてしまい、何度も消しゴムで消す作業が面倒です。

しかしEvernoteのスケッチでは、指などが触れても反応しません。

これまで手が画面に触れないように、タオルとかハンカチなどを置いて、文字を書いていましたが、これからは画面の上に手を乗せても安心です。

ノート内の手書き文字も検索ができる

ここまででも十分なのですが、Evernoteにはもう一つ便利な機能があります。

それは画像に含まれる文字や、手書きの文字も認識されるため、後から検索することが可能なんです。

ノートの数が多くなると、どこのフォルダに入れたのか分からなくなりますが、手書き文字も検索してくれるので、細かく分類分けをする必要はありませんね。

まとめ

  • シンプルなUI
  • 手書き補正で、綺麗な字が書ける
  • 図形を書くのも簡単
  • ペンが起動していると、手が触れても反応しない
  • 手書きでも検索される

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です