あなたは3秒以内に、自分の強みを答えられますか?

こんにちは。YOSHIです。

皆さんは自分の強みは知っていますか?
自分の弱点は知っていても、「強みは何か?」と聞かれて、すぐに答えるのは難しいですよね。

以前よりストレングス・ファインダーを、友人から勧められていましたが、乗り気じゃなかったので、ずっと放置していました。

最近ブログの記事を書いていると、自分の強みを生かした記事の書き方はないだろうかと感じたのです。しかし自分の強みは何だろうという疑問が生まれました。

そのなある日、ふと思い出したのが、このストレングス・ファインダーです。

ストレングス・ファインダー2.0とは何か?

 1998年、クリフトン博士によって<ストレングス・ファインダー>のアセスメントと34の資質が生み出された。博士の40年に及ぶ調査・研究に根差し、2004年には開発者に敬意を表して<クリフトン・ストレングス・ファインダー>と改称されたこのアセスメントによって、世界中で数百万人の人々が自らの資質を発見し、才能を開花させている。

この本の目的は、自分の強みを伸ばす可能性が、どこかを知ること。クリフトン博士が開発したツールを使用することで、34の資質の中から、トップ5を調べることができます。

多くの人は「欠点」を克服することに時間を費やす

 私たちは「強み」よりも「欠点」のためにより多くの時間を割いている。

高得点を取る教科よりも、点数が悪い教科に目がいき、短距離走が得意な選手に、砲丸投げをさせているのと同じです。

その人が得意としていることをさせれば、当然誰よりも、良い結果を出す確率が高いはずなのに、欠点が気になってしまう。

ゲシュタルトの「欠けた円」という心理学が有名です。
2つの丸い円のうち、片方だけが一部欠けているとします。すると人は欠けた円が気になってしまうのです。

欠点を補おうとする行動は、決して悪いことではないが、強みを生かすという点において、焦点がズレてしまっています

1.0との違い

34の資質とその名称は変わらないが、アセスメントはより精度が上がり、それぞれの強みをより深く掘り下げて分析している。

旧版の1.0を試したことがないので、結果にどう変化があるかわかりませんが、1.0のデータを活用した結果がでるようです。

巻末にあるアクセスコードが必須

ストレングス・ファインダーの診断を受けるには、巻末に付属されているアクセスコードが必要です。

また使用できるのは1回きりのため、繰り返しテストを受けたり、他人との共有して使用することができません。

中古で本を購入しても、すでにアクセスコードが使えないため、新品の本を購入するしかないので、注意してください。

1問20秒で177問解答する

診断テストは、右と左の質問に対して、どちらが自分に当てはまるかを、直感で選択する仕様です。

難しい計算問題などはないので、1問20秒で解答できます。どちらも当てはまらない場合には、「どちらでもない」という項目もあります。

慣れてくるとペースも上がってくるので、約10分程度で問題を解き終わります。

34の資質のうちトップ5が自分の強み

全ての解答が終わると、自分の強みTOP5が表示されます。
下位29個の資質を知るには、別途料金が必要です。必要であれば追加で、購入すればいいと思います。

YOSHIの診断結果を紹介

私の診断結果を紹介します。
1位は親密性でした。

親密性という資質を持つ人は、他人との親密な関係を楽しみます。目標達成のために友人と努力することから、大きな満足感を得ます。

まさにその通りです。
全員に好かれることよりも、本当に仲の良い友達数人いればいいし、寝食を共にするような、深い関係を望んでます。そして一緒に励ましあって頑張るのが、凄く楽しい。

2位は戦略性です。

戦略性という資質を持つ人は、目的に向かうための選択肢を想定することができます。いかなる想定に直面しようとも、適切なパターンと問題点を直ちに予測することができます。

パターン化するの好きですね。
よく過去の事例から、同じようなパターン無かったか考えます。

3位は未来志向です。

未来志向という資質を持つ人は、未来がどのようなものかについて考え、そこからアイデアを得ます。未来についてのビジョンを語ることで、人々を高揚させます。

これもよく言ってますね。
ただ言うだけで、行動と結果が伴わないと、意味がないので、そうならないように気を付けます。

4位は学習欲です。

学習欲という資質を持つ人は、学習意欲が旺盛で、常に向上をでいます。特に結果よりも学習すること自体に意義を見出します。

ビジネス書を年間100冊以上読むことを課しているので、学習意欲は高い方だと思います。ただ学習することが目的ではなく、行動を前提とした学習が大切ですね。

5位は目標思考です。

目標思考という資質を持つ人は、目標を定め、その目標に向かって邁進し、目標達成に必要な修正を行うことができます。優先順位をつけてから、その通りに行動します。

目標はあるけど、管理はザックリとした感じなので、ここは特に伸ばしていくと面白いかもしれません。

まとめ

このブログを始めたことをキッカケに、ストレングス・ファインダーで自分の強みを知ることができた事で、自分がどんな傾向にあるか、またどこを伸ばしていけばいいかが知れて、とても良かったです。

自己分析プログラムを依頼すると、普通なら何万円しますが、たった1800円くらいで、自分の強みを知れるのはお得ですね。

今回は分析結果だけを掲載しましたが、その他にも行動アイデアや、結果に対して深掘りをする質問なども記載されてます。

今悩んでいる人がいたら、まず自分を知ることから始めてみてはいかがでしょう。きっと新しい発見があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です